Bits of knowledge
/ 不動産オーナーの豆知識

Bits of knowledge
/ 不動産オーナーの豆知識

ローンのレバレッジ効果

ローン活用法不動産経営に興味のある方

レバレッジ効果

ローン活用の最大の効果は“レバレッジ(梃子)効果”です。

ジャッキという梃子を使うことで素手では持ち上げられない重い荷物も持ち上げられるように、ローンを活用することで手持ち資金だけでは買えない不動産を購入することができます。

更に投資として利回り比較で考えた場合でも、ローンを活用すれば利回りでもレバレッジ効果が発生します(但しローン金利が投資利回りより低くなければなりません)。

事例で説明しましょう。

(全額手持ち資金投入)

〇不動産価格2,000万円

〇収益120万円

の、収益不動産に投資するとしましょう。2000万円全額を自己資金投資した場合、この自己資金の利回りは

120万円÷2000万円=6%になります。

(一方ローンを活用した場合。)

  • 1、000万円ローン元利均等返済 借入期間20年 金利3%
  • 自己資金1、000万円

〇不動産価格2,000万円

〇収益120万円

1年間の投資収入120万円に対し、ローンの利息充当額は元利均等方式で29.5万円です。120万円―29.5万円=90.5万円なので投下自己資金1,000万円の利回りは

90万円÷1000万円=9%となり、

全額自己資本利回り6% < 一部ローン活用自己資本利回り9%

のとおり、投資利回りでもレバレッジ効果があることがお分かりになると思います。

(※ローン返済額は総額66.6万円なので、66.6万円―29.5万円=37.1万円はどうなったのかというと、その分だけ購入不動産の自己分が拡大したことになります)