Bits of knowledge
/ 不動産オーナーの豆知識

Bits of knowledge
/ 不動産オーナーの豆知識

ローン活用は基本スタンスが大事です。

ローン活用法不動産経営に興味のある方

基本スタンスが大事1

不動産を購入する場合ローンを活用する方は多いと思いますし、活用することをお勧めします。

資産形成を行う上で、不動産投資はローンを活用できる数少ない投資です。ローンを活用すれば、手持資金に余裕を持たせながら投資を行えます。金融商品投資ではローンは使えません。

ローンは自己資金の不足を補う手段ですが、借りすぎたローンがアダとなって投資が失敗するということもあります。

マンション管理業界新聞の12月5日号に『自己破産する家主が増加』という記事が載りました。サブタイトルは「業者にカモにされた医者や外資系サラリーマン」とあります。

収益物件を販売する会社やコンサルタント、加えて銀行の甘い言葉に乗って高い金利の購入金額同額のフルローンを借りたが、計画通りの家賃が得られず投資は失敗、更には売却しようにも物件価格が購入価格を下回っているために売ることもできず、自己破産するしか方法がなくなったという内容です。

銀行というところは不思議な思考形態を持っているところです。

“貸せる相手”だと見定めたならば、時には“出来るだけ大きい金額を貸したい”と考えます。この記事の中でも“銀行が貸してくれるから大丈夫だと思った”とありますが、銀行は時に行き過ぎた融資をしてしまいます。

そんな融資姿勢の銀行と付き合わないことも大事ですが、ご自身の資産はご自身で守るという基本原則がありますので、やはり不動産投資を行うお客さまご自身がローンを活用する基本スタンスを持つことをお勧めします。